徹底した紫外線対策と保湿がキーポイント|老人性イボの予防法を伝授

感染しないイボ

肌手入れ

老人性イボは紫外線や老化などが原因となるイボなので人へ感染させるものではありません。しかし取り除きたい場合は保険内で治療できる方法とそうでない治療があり、先生と相談の上で選択することができます。イボを取り除いても再度できないよう紫外線を避けたり、お肌の老化を促進しないような対策が重要といえます。

More…

予防するための方法

スキンケア

発症原因は紫外線

80歳の方にほとんど見られるのが、老人性イボです。脂漏性角化症が正式名称の老人性イボは、早ければ40代から50代の方にも見られる症状です。老人性と名前に付いている通り年齢を重ねるとことで発症しやすくなりますが、年齢が直接的な原因ではありません。直接的な原因は、シミの原因ともなる紫外線です。肌に紫外線が当たると、肌は色が濃くなるほか、皮膚が厚くなります。日焼けやシミになるのは、光老化と呼ばれるこれらの症状が肌に出るためです。色が濃くなり皮膚が厚くなり過程でイボができやすくなり、これが老人性イボとなってしまいます。老人性イボを予防するためには、何より紫外線対策をすることが重要です。それに加えて、保湿成分を肌にたっぷりと与えることもスベスベのパーフェクトフェイスのためには必要不可欠です。徹底した紫外線対策と保湿がキーポイントとなるでしょう。

紫外線対策と肌の潤い

紫外線は、夏場だけではなく1年中降り注いでいます。老人性イボを予防するためには、冬場でも紫外線対策をしっかりとすることが重要です。また、室内にも紫外線は入ってくるため、外出しない時にもUVカットの日焼け止めを使用するようにしましょう。また、紫外線から肌を守るためには、肌が潤っている必要があります。潤いのある肌はバリア機能が高く、紫外線によるダメージを軽減することができます。保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドをたっぷりと肌に与え、潤った肌を維持することが重要です。その他、紫外線に当たることで、メラニン色素が生成されます。老人性イボは色が茶色ですが、それはメラニン色素によるものです。メラニン色素の生成を抑制することで、老人性イボもシミも予防することができます。ビタミンC誘導体やハイドロキノンで、メラニン色素が留まらない肌にすることが肝心です。

古い角質の塊

婦人

老人性イボは、古い角質が除去されず残ることが原因です。老人性イボに悩む人が増えているため、解消するためにヨクイニンが配合された化粧品を使う人もまた、増えてきています。ヨクイニンはハトムギのことなので、スキンケアにあわせて、ハトムギが原料となっている食品を食べることも、老人性イボ対策として効果的です。

More…

早めの対策がポイント

化粧水

老人性イボはシミの原因にもなります。次第に大きくなるという特徴があるので、早めの対策が効果的です。肌の保湿も重要なポイントなので、普段の美容と併せて予防に努めると良いでしょう。20代のように若い世代にも目立たない範囲で現れています。今後は早いうちから対策をとる人が、増加すると予測されます。

More…